浮見堂(うきみどう)はフォトジェニックな奈良観光穴場

浮見堂 奈良の自然景勝地レポート

浮見堂(うきみどう)は、奈良公園の鷺池(さぎいけ)に浮かぶ六角形のお堂です。

浮見堂(うきみどう)

奈良公園の浅茅ケ原園地(あさじがはらえんち)内にあります。春日大社参道の南側丘陵地一帯をさします。

フォトジェニックな場所なのに静かに過ごせる場所

お堂が水面に写るその姿はとても美しく思わずカメラをかまえてしまいます。

浮見堂(うきみどう)

池に浮かぶ橋を進んでいくとお堂の中はちょっとした休憩スペースになっています。

浮見堂(うきみどう)

大仏さんのある東大寺からわずか徒歩10分という立地ですが、東大寺参道とは比べ物にならないほど人が少ない場所です。

浮見堂(うきみどう)

お堂の中から見える景色は、360度どちらを見てもうっとりするばかりです。

浮見堂(うきみどう)

春は桜、秋は紅葉に彩られるおすすめスポットです。

アクセス
■歩いて
近鉄奈良駅から徒歩約15~20分
東大寺参道入り口の交差点より徒歩約10分
春日大社本殿より徒歩約15~20分
■バスで
「大仏殿春日大社前」下車徒歩約8分
「春日大社表参道」下車徒歩約4分

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします
奈良の自然景勝地レポート
スポンサーリンク
わくわく奈良ガイドをフォローする
わくわく奈良ガイド|鹿と触れ合うおすすめ観光スポット