奈良のお寺・神社(きたまちエリア)

奈良のお寺・神社(きたまちエリア)

慈眼寺(じげんじ)

慈眼寺は、厄除発祥の寺として知られています。境内に樹齢400年以上の柿の木があり、11月には五穀豊穣を祈り柿供養が行なわれます。
奈良のお寺・神社(きたまちエリア)

称名寺(しょうみょうじ)

称名寺はきたまちエリアにあり、もとは興福寺の別院でした。わび茶の開祖、村田珠光ゆかりの寺です。
奈良のお寺・神社(きたまちエリア)

般若寺(はんにゃじ)

般若寺は、奈良市北部、奈良きたまちにある花の寺として知られるお寺です。春は境内を黄色一色に染める山吹が、秋は約15万本のコスモスが咲き誇ります。
奈良のお寺・神社(きたまちエリア)

奈良豆比古神社(ならづひこじんじゃ)

伝統芸能の翁舞(おきなまい)の行事で知られる神社です。境内に大楠があり、奈良県の天然記念物に指定されています。
2019.09.11
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました