興善寺(こうぜんじ)

興善寺(こうぜんじ) 奈良のお寺・神社(ならまちエリア)

興善寺は、寺伝によると、16世紀に慶誉上人により開創されたといいます。元、元興寺奥の院のお寺として石仏の三尊沸をおまつりし、御陵神社の歴代宮司、南都楽人らの墓寺としてありました。

ならまちエリア、十輪院や法徳寺、今西家書院などの近くです。

興善寺(こうぜんじ)の主なみどころ

興善寺(こうぜんじ)山門前の案内板。

ご本堂には阿弥陀如来立像がお祀りされています。(重要文化財)

その胎内には、源空(法然)の消息(書状)3通、門弟の証空・欣西・親蓮・円親等の消息が納められいています。

鎌倉時代書記の浄土宗の歴史を考える上で重要な資料です(案内板による)

ご本堂は、申し込めば参拝できるそうです。

基本情報

寺院名 興善寺(こうぜんじ)
宗派・ご利益 浄土宗
住所 奈良市十輪院畑町10
アクセス 近鉄奈良駅から徒歩約15分
地図情報 地図
TEL 0742-23-7007
拝観料 無料
この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします
奈良のお寺・神社(ならまちエリア)
スポンサーリンク
わくわく奈良ガイドをフォローする
わくわく奈良ガイド|鹿と触れ合うおすすめ観光スポット
タイトルとURLをコピーしました