漢國神社(かんごうじんじゃ)林神社(りんじんじゃ)

奈良のお寺・神社(ならまちエリア)

漢國神社は近鉄奈良駅から歩いて約2分の場所にあります。

推古天皇の元年、勅命により大神君白堤(おおみわのきみしらつつみ)が大物主命を、その後、養老元年には藤原不比等が大己貴命と少彦名命(すくなひこなのみこと)を合祀されました。

境内には、室町時代のはじめに中国から渡来し、わが国に初めて饅頭(まんじゅう)を伝えた林浄因(りんじょういん)を祀る林神社があります。

4月19日に、菓子業界の反映を祈願する「饅頭まつり」が行なわれます。全国からたくさんの饅頭が献上されます。

漢國神社(かんごうじんじゃ)林神社(りんじんじゃ)基本情報

神社名 漢國神社(かんごうじんじゃ)林神社(りんじんじゃ)
ご利益 国土経営・五穀豊穣・開運招福・縁結び・安産子育て・家内安全・夫婦和合・商売繁盛・学業成就・交通安全・病気平癒・諸芸上達
住所 奈良市漢国町2
アクセス 近鉄奈良駅より徒歩約2分。JR奈良駅より徒歩約12分。
地図情報 地図
TEL 0742-22-0612
拝観時間 6:00~18:00
拝観料 無料
駐車場 6台
ホームページ 漢國神社(かんごうじんじゃ)
この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします
奈良のお寺・神社(ならまちエリア)
スポンサーリンク
わくわく奈良ガイドをフォローする
わくわく奈良ガイド|奈良公園の鹿や奈良観光おすすめスポット情報
タイトルとURLをコピーしました