新薬師寺(しんやくしじ)

奈良のお寺・神社(高畑エリア)

天平19(747)年、光明皇后が夫の聖武天皇の眼病平癒を願い創建。新薬師寺の「新」は新しいという意味ではなく「霊験あらたかな」のあらたか。

本堂は創建当時のまま残る唯一の建造物で、堂内には薬師如来坐像(国宝)や日本最古最大の塑像の十二神将立像が安置されています。

薬師如来の眼が大きく美しいため、眼病の人の参拝が耐えません。

新薬師寺 基本情報

名称 新薬師寺(しんやくしじ)
宗派 華厳宗
ご利益 眼病平癒
住所 奈良市高畑町1352
電話番号 0742-22-3736
URL 新薬師寺
拝観時間 9:00~17:00
休日 無休
拝観料 大人・大学生¥600、中・高生¥350、小学生¥150
アクセス JR・近鉄奈良駅から市内循環バスで約10分。破石町(わりいしちょう)下車徒歩約15分
地図 グーグルマップ

近くのお寺・神社

白毫寺(びゃくごうじ)
白毫寺は奈良三名椿の一つ「五色椿」で有名なお寺です。境内から奈良市街が一望でき、秋には萩の花が参道の石段を覆います。
不空院(ふくういん)
奈良の高畑(たかばたけ)にある春日山不空院。奈良時代に鑑真和上が住まわれたとの記述があります。 ...

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします
奈良のお寺・神社(高畑エリア)
スポンサーリンク
わくわく奈良ガイドをフォローする
わくわく奈良ガイド|奈良公園の鹿や奈良観光おすすめスポット情報
タイトルとURLをコピーしました